DN-300DH

DAB+ 対応デジタルAM&FM チューナー

DN-300DH

Denon Professional DN-300DHは世界中でご利用いただけるAM/FM/DAB+のラジオ放送チューナーです。業務用として最適化されクリアで途切れのないラジオ放送を受信しつつ、抜群の操作性と多目的にご利用いただけるソリューションです。

DAB+は最新のデジタル・オーディオ放送でクリアな音質と歪みのないことが特徴です。デジタル・オーディオ放送はアナログ放送に比べはるかに効率的で、結果として放送の一時停止やSDカードヘの保存などより多くのラジオ・サービスを提供することができます。(※2018年の時点で日本国内未対応)

自動もしくは手動で最大40のRDS放送を含むチャンネルを登録することができます。バランスおよびアンバランスのオーディオ出力を搭載していますので、様々な環境でも導入ができ、USB端子からは機能の追加・修正を可能にするファームウェアアップデートが行えます。ディスプレイの明るさの調整や、ステレオ/モノラルの変換も行えます。

DN-300DHの主な特長
  • 多目的なワールドワイド・ラジオ放送チューナー
  • デジタル・オーディオ放送(DAB+)バンド帯対応(2018年7月現在日本国内ではサービスが始まっておりません。)
  • 放送局名と現在のプログラム名を表示するRDS情報ディスプレイ
  • 全てのバンド帯で合計40局のプリセットの登録が可能
  • バランスXLR出力、及びアンバランスRCA出力搭載
  • ディスプレイの明るさ調整機能
  • オート・サーチ、PLLクオーツ・シンセサイザー・チューナー
仕様
  • FM周波数帯 (日本): 76 MHz〜108 MHz
  • FMステップ周波数 (日本): 50kHz
  • FM感度 (S/N = 30dB): <3dBu
  • FMモノラルS/N比: >70dB
  • FMステレオS/N比: >65dB
  • FMモノラル歪率: < 0.3%
  • FMステレオ歪率: < 0.3%
  • FMステレオ・セパレーション @ 1kHz: >35dB
  • FM周波数特性: 20〜14kHz (± 3dB)
  • 出力電圧: 500mV / 2.2 kΩ
  • ANT入力インピーダンス: 75 Ω
  • AM周波数帯 (日本): 522 kHz〜1629 kHz
  • AMステップ周波数 (日本): 9kHz
  • AM感度 (S/N = 20dB): < 800uV/m
  • AM・S/N比: > 40dB
  • AM歪率: < 1.8%
  • AM周波数特性 @ 400Hz reference、-6dB: 20Hz〜2kHz
  • AMアンテナ: ループ・アンテナ
  • DAB/DAB+周波数帯: 174.928〜239.200 MHz (Band III)
  • DAB/DAB+感度: 100 dBm
  • DAB/DAB+・S/N比: > 70 dB
  • DAB/DAB+周波数特性: 20〜20 kHz (±3 dB)
  • DAB/DAB+ステレオ・セパレーション @ 1 kHz : > 60 dB
  • DAB/DAB+アンテナ入力インピーダンス: 75 Ω
  • 動作温度: 5 °C 〜 35 °C
  • 保存温度: -20 °C 〜 +60 °C
  • 動作湿度: 25 〜 85% (結露のないこと)
  • 入力電圧:100〜120 V / 220〜240 V、50/60 Hz
  • サイズ (W × H × D): 482 x 43 x 200mm (ラック耳含む)
  • 重量: 2.5 kg
マニュアル・ダウンロード